石垣島花屋・フラワーショップミチ
心を込めた贈り物を・・・!! 思いを伝えるお手伝い・・ !
生花・シルク・プリザーブドフラワー・観葉植物・花器等など
電話:0980-82-1720
  石垣島花屋 ミチ 沖縄花屋 michi
花束・アレンジフラワー
お祝 オープン スタンド花
プレゼント・胡蝶蘭
ガーデニング・観葉植物
イベント・コンサート・セレモニー
プリザーブドフラワー (preserved flower) とは、美しい姿で長時間保存することが出来るように専用の溶液を用いて加工された花のことである。「プリザーブ」 (preserve) とは英語で「保存する」の意味。
現在サイト構築中です。


 
 プリザーブドフラワー 取り扱い上のご注意

 ● プリザーブドフラワーは素材が生花であり大変デリケートなので乱暴に扱わないで下さい。
 ● ほこりの排除クリーニング等にはドライヤーをお使い下さい。
 ● 水は絶対にかけないで下さい。
 ● 湿気の多いところに置かないようにして下さい。
 ● :直射日光はお控え下さい。色落ちの可能性もございますので衣類に直接触れないようにご注意下さい。
 ● 保存材を使用しておりますのでお子様にはご注意下さい。


プリザーブドフラワーの歴史  (参照:wikipedia

プリザーブドフラワーは、1991年にフランスのヴェルモント社が開発し、クリスチャン・トルチュやケネス・ターナーなどフラワーデザイナーが相次いで作品に取り入れたことにより日本を含む世界に広まった。 枯れない、生花に比べて軽いなどの点が注目され、ウェディングブーケやテーブルフラワーなどとして利用されている。日本でも女性を中心に一定の人気があり、数多くの教室が開かれていたり、専門店も登場している。特に、日本では薔薇のプリザーブドフラワーが、需要の9割以上を占め、薔薇の世界的産地の南米エクアドルやコロンビア産の薔薇を使うことが主流となっている。

なお、日本ではまだなじみが薄いためか「ブリザードフラワー」などと誤って呼ばれることがある。

最近は自分で作れるプリザーブドフラワー液が普及し始めている。製品は主に薔薇のプリザーブドフラワーが主体であるが作製液があればオリジナルの花が作れる上に好きな色が染められる。 フラワースクールが多い中、差別化を図るために導入するスクールが増えている。 だが、まだ技術的には製品のレベルに及ばない為に過度の期待は禁物だ。あくまで趣味の延長として使用する方が良い。 最新の技術では、天然の色を残す技術もあるようだが化学的に花の色を通常の条件で残す事は不可能と思われる。 今後、この分野の研究が進めば新鮮な花の状態を長く楽しめる日も来るのかもしれない。

フラワーショップ ミチ
沖縄県石垣市真栄里204-336
TEL:0980-82-1720 FAX:0980-83-1300
E-mail fs-michi@mco.ne.jp
Copyright(C) 2008 Flower Shop MICHI .All Rights Reserved